お化粧品を使う時は、そのパッケージや容器のデザインも大切だと感じる方は、きっと多くいらっしゃるのではと思います。
初めて使うお化粧品の場合は、選ぶポイントにもなりますし、デザインが魅力的なものだと、「あっ、使ってみようかな」と購買意欲をそそられることもありますよね。大手の有名な化粧品メーカーさんになればなるほど、その傾向が強いのではと思います。
でも化粧品メーカーさんの中には、容器やパッケージなどに費用をかけずに、その分中身にお金をかけているところもあります。もちろんテレビCMなども行っていないため、あまり世間に知られていない化粧品メーカーさんにはなりますが、そのようなところの化粧品にも魅力を感じる方は、多いのではないかと思います。
例えば無添加の化粧品の場合ですが、化粧品の成分だけでなく、防腐剤なども全て無添加のものにこだわるためには、手間がかかるだけでなく、コストなどもかかるものなのです。ですので、私が愛用させて頂いている無添加化粧品の容器は、それほど凝った作りになっていないプラスチックの容器です。
その代わりに、ポンプ式の容器になっているのです。ポンプ式にすることで、中身が空気に触れることはありませんし、使う時にも手が触れませんよね。だから時間が経っても、良い状態を保つことができるようになっているのです。
それにゴミに捨てる時に、手間をかけずに簡単に捨てることができるという特徴もあります。蓋を空けて水洗いして、プラスチックの容器ですので、資源ゴミに分別して捨てるだけで良いのです。ですので、かなりエコでもあります。
ガラスなどで出来ている、高級感を感じさせるような容器などと比べると、効果だけでなく容器もと、両方に高い満足を得ることは難しいかもしれませんが、その分中身に手間暇をかけているという、安心感は得られるのではないかと思います。